MZ-1500 QDドライブのベルト交換


   
MZ-1500も発売されてから30年以上経っています。稼動させるためには、QDドライブのベルトの交換は必須といえます。
すでに他のサイト様に交換方法や情報がアップされていますので、今更感がありますが、ならば、せめて新しいことに挑戦してみよう・・・ということで

交換に使うベルト


交換に使用するベルトは、千石電商というところで入手できるφ40×1.2T ゴムベルト(角)ですが、今回、日清紡のモビロンバンドというものを使えないか、試した結果、上記サイズ(55×2×0.3)が使える様です。(動作を保障するものではありません。)


ただし、ゴムベルトに比べ、少しサイズが小さい上、形が定まっていなくフニャフニャで、ものすごく作業性が悪いです。あまりオススメできないという結果に・・・(^_^;)
一方、良い点は、ゴムベルトよりは劣化しにくそうなこと、ゴムベルトに比べれば入手しやすいと思われること、余ったモビロンバンドは他にもいろいろな用途に使えること・・たとえば髪の毛を束ねるのに使ったり、輪ゴムの代わりに使ったり・・


QDドライブを取り外し


まず、QDドライイブの裏側にある2本のネジをプラスドライバ−で取り外し、次にコネクターを外します。
次にドライブの左右にある計4本のネジを外し、ドライブとプラスチックカバーを分離します。

QDドライブの蓋の後ろにあるネジも外し蓋のカバーも外しておいたほうが作業性がいいかもしれないです。


ボイスボードスロット取り外し


更にドライブの前と後ろの計4本のネジを外し、ドライブとボイスボードスロットを分離します。


ベルトを交換


上の写真の赤い矢印の部分のプーリーから赤い点線のようにベルトがかかっています。経年劣化している場合、ベルトが溶けていたりすることも考えられます。

ベルトが見えている部分からピンセットを突っ込み、ベルトを取り外し、そして新しいベルトをセットします。私はつまようじも使いました。(^_^;)



こちらにも穴があり、ベルトとプーリーが見えます。
ゴムベルトに交換する場合は、あまりてこずることは無いと思いますが、今回はモビロンバンドを使ったので、フニャフニャで、なかなかセットできない、ねじれやすい・・・成功といえるのか微妙な結果に…
ここを見て挑戦してみようと思った方はゴムベルトを使ってください(^_^;)





QDベルト交換リンク


QDドライブ駆動ベルトの交換     (Darkslateblueさん)

このページの元となっているUgeoさんのページ。

MZ-700/1500 パーツ購入のためのメモ    (大 深 海 水 淵 亭 さん)

QDドライブのゴムベルトの形番だけでなく、MZ-700/1500に使用されているコネクタの種類も確認できます。

S612、MD280のクイックディスクドライブを修理してみる!♪ [akai]

検索で見つかったブログです。QDドライブはMZ-1500だけのものではないんですね。(^_^;)