EmuZ-700導入法


EmuZ-700を導入してみましょう。
MZ-700WINを導入できたなら、EmuZ-700も簡単に導入出来ると思います。エミュレーションの精度が高く、多機能なので、是非導入することをおすすめします。

ファイルをダウンロード

武田さんのサイトCommon Source Code Project のページよりBinary Archive をダウンロードします。
ファイルを展開してできるbinaryフォルダの中にあるmz700.exeを適当なフォルダに置きます。mz700.txtにも目を通しておきます。

セッティングしましょう
MZ-700WINを導入していることが前提ですが、

下記の2つのファイルをコピーしてきてリネームし、mz700.exeと同じフォルダに置きます。

NEWMON7.ROM → IPL.ROM
MZ700FON.JP → FONT.ROM



なんと、これで導入完了です(^^;


EmuZ-700を起動してみましょう
mz700.exeを起動します。

CMTタブ→PlayでMZTファイルかWAVファイルを再生するのですが、EmuZ-700を起動してから1回目はすぐに再生されますので、あらかじめLコマンドを入力してからPlayタブを押します。




ちなみにですが、なぜか2回目にファイルを読み込む場合は少し変わります(^^;
BASICなどを読み込むなどした後、もう一度ファイルを再生する必要がある場合、Playタブでファイルをセット、Fast Rewindで巻き戻した後に,BASICならLOADコマンドを入力します。
するとPLAYと出るので、Play Buttonタブでプログラムのファイルを再生します。

BASICは実テープより吸い出し作業が必要になりますので、あくまで参考です(^^;
(しかも、BASICはMZ NEW MONITOR7 では動作が怪しいです)



MZTファイルの他、wavファイルも読み込むことができます。
対応しているwavファイルは48KHzということなのですが、tapeloadexeなどで扱える22.05KHz 8bitモノラルデータでも読み込めました。


参考

紅茶羊羹さんの野球拳2000 for MZ-700で遊ぶことができます。



その他にもネット上で多数のソフトが公開されています。

インターネット上で公開されている主なMZ-700/1500のソフトのリンク集