MZ-700WINでグリーンディスプレイ表示


MZ-700WINでMZ-80K/C/1200のプログラムを動かす場合、背景が真っ青なのが気になります.
EmuZ-1200とか使えばいいのですが、ここではMZ-70WINにこだわり、裏技プログラムでグリーンディスプレイを実現するという、くだらないページです(^_^;)


※ 追記 
MZ-700WINに最初からこの機能があるということを教えていただきました。
以下 mz700win_jp.txtより
/c ROMモニタにパッチを当て、文字色を白、背景色を黒にします。
/c40のように、直接色コード指定も可能です。指定の値は、MZ-700上のCOLOR VRAMに使うコードで、上位4ビットが文字色、下位4ビットが背景色になります。

コマンドプロンプトよりオプションを付けて起動するということになります。
つまり、Cドライブのmz700winフォルダにmz700win.exeがあるならば、
コマンドプロンプトよりcd c:\mz700win\とした後、
mz700win.exe/c40として起動します。
長い間使っていながら全然知りませんでした。(>_<)

このページのやり方のほうはコマンドプロンプトを使わないので、やりやすいかもしれません。(^_^;)



MZ-NEW MONITORを使っています。


MZ-NEW MONITORではコマンド入力時、「*」を DEL キーで削除して入力を行うとエディットモードになり、16進アドレスと1バイトデータを入力して、指定アドレスへの書き込みができます。

上のスクリーンショットのように、プログラムを打ち込みSHIFT+BREAK(BackSpace)でエディットモードを抜けGOTO$1200として実行します。

ちなみにMZ-700モードでもパレット機能が有効なのを利用しているので、MZ-700WIN専用プログラムです。




こんな感じです。




参考 Vairos (c) 1984,1986,2004 Y.M.C & GAME ROMAN.

   
トップページへ
トップ