EmuZ-1500を使ったファイル変換



2020年12月の更新でEmuZ-1500のファイルのアクセスが強化され、すごく便利になりました。今までも出来たことを含め、便利な使い方を紹介します。

MZTファイルとqdfファイルの相互変換(QDの中の1ファイル単位)
それぞれのファイルを1枚のQDとして、QDの中の1ファイル単位で変換する場合はROMモニタのQCコマンドで可能です。



コピー元のファイルが入っているQD(のファイル)をセットし、QCコマンドで読み込ませた後、書き戻すQD(のファイル)をセットし、書き戻します。
ブランクQD(のファイル)に書き戻してもいいですし、他のQD(のファイルに)追記することもできます。


ブランクQDのファイルをここに置いておきます。
(MZTファイルのブランクQDファイルはMZ-700WINで生成したものです)


MZTファイルとqdfファイルの相互変換(QD単位)
BASICのLOAD ALL,SAVE ALL命令を使います。不要なファイルがある場合は削除して書き戻し=変換が出来ます。
ファイル単位の削除ができないQDの欠点をRAMファイルを使って補っています(^^;



BASICを起動後、INIT"RAM:Y$FFFF"を実行します。
次にコピー元のQD(のファイル)をセットしLOAD ALLを実行するとQDの内容がすべてRAMファイルに読み込まれます。




DIR RAMとするとRAMファイルのディレクトリの内容が表示され、コマンドの対象がRAMファイルに移ります。   
不要なファイルがあればDELETEコマンドで削除した後、ブランクQDのファイルにSAVE ALLします。


WAVファイルよりMZTファイル及びqdfファイルへ変換
EmuZ-1500はWAVファイルに対応していて、直接読み込んで実行することが出来る他、ROMモニタのQXコマンドを使ってMZTファイルやqdfファイルへ変換することができます。



tapeload.exeなどを使わずに変換できるので便利です。

※ ただし、BSDファイルではうまくいきません。OBJとBTXのみです。


BSDファイルのWAVファイルをQD(のファイル)へ変換
現在、BSDファイル(のWAVファイル)はtapeload.exeなどを使ってもMZTファイルへ変換できません。(サイズの小さなものなら方法はある様ですが)

MZ-1500に付属しているTRANSユーティリティをEmuZ-1500上で使い、変換することできます。



スクスリーンショットが参考になると思います。
実機上で、QDよりTRANSユーティリティを使いCMTにコンバートしたWAVファイルをブランクQDのファイルへ転送できます。

あと、対象プログラムで直接CMTにセーブしたもの(例えばアセンブラのテキストとかBASICのアスキーセーブ)は、EmuZ-1500上のそれぞれのプログラムで直接読むこともできます。


TIPS・CMTのファイルの注意点
EmuZ-700と同様、エミュレータを起動後1回目はPlayタブで再生され、2回目以降はPlayタブでファイルをセット、Fast Rewindタブで巻き戻しでからPlay Buttonで再生となります。
(追記 EJECTをすることで回避されるみたいです)



WAVファイルの場合、対応しているのは48KHzということですが、tapeload.exeなどで扱える22050Hz,8bit,モノラルファイルでも読み込むことができました。