tapeload.exeの使い方



tapeload.exeは、Version 0.14が公開されていますので、こちらの使用を勧めます

最近の環境ではtapeload.exeへ直接カセットテープより読み込ませようとしても、うまくいかない場合がある様です。
WAVファイルよりの変換を勧めます。


テープレコーダーとパソコンをつないで読み込む。
MZ-700WINには、吸出しソフトtapeload.exeが付属しています。
(Version 0.14に差し替えることを勧めます。)

フォントデータをつくったときと基本的には同じようにして吸出しも行えます。

ただし、QDのソフトの多くは、中身を見ようとするとエラーが出るものが多い上に、MZ-1500付属のTRANSユーティリティではファイルサイズが比較的小さなものしか吸い出せません。
そのへんの対応もMZ-700WINの付属ファイルに説明があります。

ここではtapeload.exeの基本的な使用法の説明のみにしたいと思います。

CドライブのMZ700WINという名前のフォルダの中にtapeloadというフォルダがあり、その中にtapeload.exeがあるとして説明します。

まず、ファイルを吸い出したカセットテープとテープレコーダーを準備します。

テープレコーダの音声出力端子とパソコン側のLine-In端子(またはマイク端子)をケーブルでつないでおきます。

コマンドプロンプトを開きます。
(Win98ではMS-DOSプロンプト・スクリーンショットもWin98のものです。
最近のWin10ではコマンドプロンプトがメニューから消えた様です。
C:\Windows\System32の中のcmd.exeを実行するかファイル名を指定して実行でcmdを実行してください



cd c:¥mz700win\tapeload  と入力しエンターを押します

tapeload と入力しエンターを押します。

次に

テープレコーダののPLAYボタンを押します。
下のスクリーンショットでは"CANDY"というファイルを読み込んでいます。
正常に読み込めば、このように表示されていきます。

’out.dat’ Created. と表示されれば吸出し完了です。
(私の環境ではここから10分ほど待たなければプログラムが終了しません^^;)(Version 0.14で改善されました。)

COPY /b header.dat+out.dat mzfile.mzt などと入力してファイルを連結します。mzfile.mztというところは任意のファイル名で良いです。コマンドプロンプトを閉じてからリネームしてもいいでしょう


WAVファイルより変換する場合
WAVファイル(22050Hz、8bit、モノラル録音)より変換することもできます。

※ 解説ページを作りましたWAVファイルよりの変換



注意


● できればデータレコーダーを使ったほうが一般のラジカセなどを使うより成功率が上がるでしょう。
● ROMモニタを吸い出すときは”out.dat”(body.dat)だけを使います。
● BASIC(MZ-1500のMZ-5Z001、MZ-700用S-BASIC、MZ-700用Hu-BASIC、SP-5030)を吸い出すときは、header.dat の代わりに用意されているパッチ済みヘッダファイルを使うこともできます。
● MZ-1500用のBASICのファイルを吸い出した場合、バイナリエディタでファイルを開き、先頭の1バイトを05から02に変える必要があります。
● BSDファイルは吸い出せないようです。




補足
※補足 質問があったので、QDよりMZ-1500への読み込み方法などの説明も作ってみました。考えてみれば、tapeload.exeの使い方だけでは不十分でした。
作業の順序としては前後してしまいますが、許してください。^^;


補足 tapeload.exeの使い方