古籏氏のサイトのファイルと、Oh!石氏のサイトのS-OS用のファイルのMZT化


  
古籏一浩氏のサイトのファイルのMZT化

古旗一浩氏が公開されている700用バイナリデータ
をMZTファイルに変換する方法です。

※ このページは勝手に作成したもので、内容について配布サイト様に問い合わせない様、お願いいたします。



あらかじめfruconv.exeと同一フォルダ内に変換ターゲットのファイルを置いておきます
furuconv.exeは直接開いてもいいですし、コマンドプロンプトから作業してもいいです。



今回はCドライブのtempというフォルダで作業しています。

・ IN-File     ・・ 変換ターゲットのファイル名
・ Data Name   ・・ MZTファイル内部のファイルネーム。英大文字にしておくことをおすすめします。
・ Out FileName ・・ MZTファイルのファイル名

あとはスクリーンショットを参考にしてください(^^;










Oh!石氏のサイトのS-OS用ファイルのMZT化(拡張子OBJのみ)

S-OS上で動くソフトを多数公開されていますが、そのうちファイルの拡張子がOBJのものをMZTファイルに変換する方法の一例です


※ このページは勝手に作成したもので、内容について配布サイト様に問い合わせない様、お願いいたします。


MZ-700用S-OS SWORDはこのあたりから入手可能みたいです。
(LZHの自己解凍ファイルなので、何か別のソフトで展開したほうがいいです。SwordFD.mztを使います。実行後にROMモニタが起動するファイルです)

2022年11月追記 
Oh!石さんのサイトでMZ-80K/700/1500用SWORDが公開されました。
実機ROM用です。MZNEWMMONITOR7の場合そのままではうまく動かないので、ロードした後にリセットして、ROMモニタから各アプリを起動するか、後述のMZNEWMMONITOR7との組み合わせでの問題の修正を適用してください。



対局五目並べ=GOMOKU.objを例に作業します。

※ 原因は不明ですが、実機のROMに比べMZ-NEWMONITORでは実行速度が遅いです。今回作業するファイルは五目並べなので大きな影響はないですが、アクションゲームは動作が遅くなるものが多いです。
MZ-NEWMONITOR7の改訂版で改善されました。
(ゲームは問題なさそうですが、表示が乱れたりするアプリもあります。)


bugfire2009@bugfire01さんのDumpListEditorで変換に対応してくださいました。(0.52以降)
18バイトのヘッダをカットする作業も不要になり、簡単にMZTファイル化出来るようになりました♪



DumpListEditorを起動し、機種名のところはMZ-80Kにして、ファイル整理タブを選択します



1 拡張子objのファイルをドラッグドロップし、マシン語入力に送る

2 先頭/実行アドレスとファイル名が自動設定



3 問題あれば手修正(このページ下の表を参照)

4 mzt書出し

これで完了です。


各アプリの起動法
S-OSのモニタ上からアプリを実行する場合はスクショを参考に。Jコマンドで実行アドレスへジャンプ


ROMモニタから各アプリを起動
S-OSをあらかじめロードしておいた状態で、S-OSのモニタに入っている場合うはMコマンドでROMモニタに入り、Lコマンドで起動します。
S-OSをロード後にバグったりしている場合はリセットしてROMモニタに入ればOK。ただし青背景となります



MZNEWMMONITOR7との組み合わせでの問題の修正(YATYATYAT@YATYATYAT1122さん)

NM700用S-OS SWORDで$1200以降16バイトに
21 00 D8 01 E8 03 7E E6 F8 77 23 0B 78 B1 20 F6
を差し替える

S-OS SWORDのモニタはMZNEWMMONITOR7との組み合わせでは起動できませんのが背景が基本青なので、S-OS SWORDにバッチを当てて黒にする、ということです。

バイナリエディタでS-OSのMZTファイルの本体データを上記に書き換えます(00000080h〜)。
背景青のままでよければ、上記16バイト全部00で埋めても起動できるそうです。

更に、下記画像は小文字とひらがながあった場合にスペースが入ってしまう問題、ROMモニタに入るMコマンドが動作しない問題などの修正バッチです。(YATYATYATさんのツイートより)


好みに応じてバッチを適用してください。面倒な場合は先頭16バイトを00で埋める修正のみでもいいです。

全て適用すればMZ-NEWMONITOR用S-OS SWORDが完成します(^^;





既知の問題点
・S-OS SWORDはMZNEWMONITOR7で起動するとバグったようになります。(対処方は前述)
・MZNEWMONITOR7はV-RAM属性領域に対応しておらず、英小文字/ひらがなを表示しようとすると、スペースが余分に入ってしまう問題があります。(対処法は前述)なお、ゲームで遊ぶ以外の用途には実機のROMを使ったほうが良いです。
・S-OSはカセットの転送速度が2400bpsなので、BASICとかの言語アプリなどでは問題になります。



X1 Disk ExplorerでD88イメージに変換する方法も
ひっそりX1さんのフロッピーディスクイメージ操作ツールX1 Disk ExplorerがS-OSのファイルに対応しています。

S-OS SWORDはFDに対応しているのが売り物ですし、EmuZ-700ならMZNEWMONITOR7でもFDを使えます。
ここでは覚書にとどめますが、実は一番楽な方法だったりします(^^;

@ L3 Disk ExplorerSasaji@bml3mk5さん)でX1HuBASICのFDを作成、フォーマットする(作成、フォーマット済みのブランクディスクをここに置いておきます)
A X1 DiskExplorerで開き、OBJファイルを放り込む。OBJファイルのヘッダの削除とかも自動でやってくれます。
B S-OS SWORDのモニタからLOADする
ただし、ファイルネームと拡張子はX1DiscExplorerに放りこむ前の拡張子が付くので、大文字に直すか取りのぞけばMZNEWMONITOR7でも動く





ファイルの情報(主にゲーム)
ファイル 先頭アドレス 実行アドレス
ZEDA3 ZEDA3.obj 3000 3000
Inside-R INSIDER.obj 3000 3000
SLANG SLANG.obj 3000 3000
E-MATE EMATE.obj 3000 3000
JEWEL JEWEL.obj A000 A000
LIFE GAME LIFEGAME.obj 3000 3000
対局五目並べ GOMOKU.obj 3000 3000
HOTTAN HOTTAN.obj 8000 8000
MAZE in MAZE MAZE.obj 5000 5000
MARMALADE MARMALADE.obj 8000 8000
INVADER GAME INVADER.obj 3000 3000
TANGERINE TANGERINE.obj 8000 8000
碁石拾い GOISHI.obj A000 A000
tiny CORE WARS CORE.obj 3000 3000
BACK GAMMON GAMMON.obj 3000 3000
ELFES ELFES.obj 8000 8000
ELFES2 ELFES2.obj 5000 5000
ELFES4 ELFES4.obj 3000 3000
WALRUS WALRUS.obj 8000 8000
MANKAI MANKAI.obj 3000 3F00
LAST ONE LASTONE.obj A000 A000
FLICK FLICK.obj 5000 5000
COLUMNS COLUMNS.obj 8000 8000
MUD BALLIN' MUDBALLIN.obj 3000 3000
MORTAL MORTAL.obj 3000 3000
LINER LINER.obj 5000 5000
KLONDIKE KLONDIKE.obj 3000 3000
B-GALETS2 BGALETS2.obj A000 A000
BLOCK DOWN SAMEGAME.obj 3000 3000
MISSILE SYSTEM MISSILESYS.obj A000 A000
MACINTO-S MACINTO-S.obj 7000 7000
STORY MASTER STORYMASTER.obj 3000 3000




DumoListEditor対応以前の方法も残しておきます。


GOMOKU.objを例に説明します。

バイナリエディタで開き、ファイルの先頭18バイトをカットします。

ファイルの先頭18バイトのカットは他のソフトを使う方法もあります。
ツイッターでファイルの先頭カット方法について、ソフト&情報をいただきました。


スクショは@ume3fmpさんのツールのbcut.exeを使った方法です。
(ファイルの先頭より指定サイズを切り出すツールです。先頭部分をカットすることもできます。)

bcut Gomoku.obj Gomoku.bin 18

これでファイルの先頭18バイトがカットされたGOMOKU.bin が生成できます。

他にも

・ バイナリファイル先頭削除ツール トラップ-CXL00145_AT_nifty.com-さん (情報 @tomo_retroさん)

・ ファイル破断+というソフトのファイルを2分割する機能を使い、区切りバイト数を18バイトとすることで利用可能です。GUIなので連続作業にも向いています。(情報 @mukasiya_gameさん)

皆様 ありがとうございました。


Text to MZT変換ツールTakkyさん)を使ってMZTファイルに変換します。



1 先頭18バイトカット済みのファイル、GOMOKU.binをテキストファイルのところで選択。
2 バイナリ、にチエックを入れ、ファイルの情報の表にある先頭アドレスをダンプ詳細の開始アドレスに入力。
3 ダンプチェックボタンを押すと、開始-終了アドレスがダイアログで表示されます。



4 MZT詳細に情報を入力。
5 変換ボタンを押す

これで完了です。