MZ-700WIN フォントデータの作成



フォントデータ ”MZ700FON.JP”をつくってみましょう。


MZ−700WINを使用するためにはフォントデータが必要です。
フォントデータと作者様のサイトで公開されているMZ-700用互換モニタROM MZ-NEW MONITOR を使えば、MZ−700エミュレータとして使用可能です。

MZ−700WINにはフォントデータを作成するソフトが付属しています。
フォントデータの作り方は、MZー700WINBBSやMZ−700WINに添付のテキストファイルにありますが、同じことをここでもやってみます。^^;

MZ−700WINをダウンロード後、解凍するとできるmkfntというフォルダの中のプログラムとファイルを使います。
CドライブのMZ700WINという名前のフォルダの中にmkfntというフォルダがあると仮定して説明します。


コマンドプロンプトを開きます。
(Win98ではMS-DOSプロンプト・スクリーンショットもWin98のものです。
最近のWin10ではコマンドプロンプトがメニューから消えた様です。
C:\Windows\System32の中のcmd.exeを実行するかファイル名を指定して実行でcmdを実行してください。

cd c:\mz700win\mkfnt  と入力しエンターを押します。

mkfnt mz700fon と入力、エンターを押せば作成完了です。

あとはDOSプロンプトを閉じて、mkfntフォルダ内にできたmz700fon.datというファイルをMZ700FON.JPとリネームして、MZ−700WIN本体と同じフォルダ内に置けばMZ−700WINで認識してくれます。




フォントデータを実機より吸い出す方法もあります。
MZ−700/1500の実機がある場合、実機より吸い出す方法も良いかもしれません。
フォントデータをテープにセーブ可能なところに転送する短いマシン語プログラムを使います。
次のプログラムを1200HからMZの実機のROMモニタより打ち込んでください。
1200  AF D3 E5 21 00 D0 11 00
1208  A0 01 00 10 ED B0 D3 E4
1210  C3 00 00

J1200と打ち込むと、フォントデータをA000H〜AFFFHまでに転送し、起動画面になります。
(MZ−1500の場合、最後の2バイトを A7 EA にすると、モニタのコマンド待ちになります。)
上記エリア(A000H〜AFFFH)をROMモニタのSコマンドでカセットテープにセーブし、tapeload.exeで吸出し、できたout.datの方をMZ700FON.JPとりネームします。
あとはMZ−700WIN本体と同じフォルダ内に置けばMZ−700WINで認識してくれます。